歯医者に行くときに持って行くもの

subpage1

歯医者に行くときには、必ず保険証を持参しなければいけません。保険治療を受ける場合には、保険証の提示が義務づけられているためです。



保険証を忘れて受診すると、治療にかかった費用全額を一度支払い、後から保険証を持って行った時に保険適用分の7割が返還されます。

いつも通っている歯医者でも、月が変わった時には保険証を提示しなければいけません。
転職などで保険証が変わった時は、必ず申し出るようにしましょう。そして、再診の場合は診察券も持って行きます。歯医者は予約制の所が多く、診察券の裏に予約日を記入することがあります。診察している時間や電話番号も明記されているので、治療している間は財布などに入れて持ち歩くと安心です。
また、歯医者では治療を行う際に、うがいなどを行います。


麻酔をしていると、口がうまく閉じられなくなり、水が垂れてしまうこともあります。

ハンカチやタオルなど口を拭くものを持って行くと安心です。

マイナビニュース情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

メガネをかけている人は、メガネケースも持参しましょう。



治療中、メガネに器具が触ってしまうと危険なことがあり、メガネを外して治療を行います。メガネを置くスペースを用意している歯医者がほとんどですが、念のためケースを持って行けば、壊れる心配もありません。女性の場合は、口紅を取ってから治療に入るので、出かける予定があるときは、メイク道具も忘れずに持って行きましょう。
こうすることで、歯科医師も患者さんも快適に治療を受けることができます。